トップAFVドイツティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その5 主砲の組み立て組み立て

« »

ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その5 主砲の組み立て組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 479-5


主砲の組み立て

ティーガー1型に搭載されている主砲は8.8cm対戦車砲KwK36です。この8.8cm砲は有名な8.8cmFlak36対空砲をベースに戦車の車内に搭載しやすくコンパクトにまとめられた大砲です。8.8cmというのは砲弾の直径で、砲身の長さは56口径長ですから8.8cm×56で約5mほどです。今回は主砲のKwK36を組み立てます。

詳しくはつづきをどうぞ…

主砲の組立て

砲身の組み立て

主砲のメインとなる部分を組み立てます。砲身は標準でアルミの砲身が付属しています。まんまるで継ぎ目のない金属砲身はやっぱりいいですよね。砲尾の部分は開けたハッチからチラリと見えるだけですから、あっさりとした再現度ですまぁ、従来の戦車キットと同レベルの再現度ですが、これで充分です。

マズルブレーキ

主砲の先にあるマズルブレーキは左右分割ではなく砲弾の進行方向に積み上げていくパーツ分割がされているため、断面はまん丸です。最近のキットではこれが標準になってきているのですが、やっぱりウレシイですよね。

砲塔の外枠の組み立て

砲塔の外枠の組み立て

戦車砲には砲架はありません。あえていうなら砲塔が砲架でしょうか。主砲を砲耳に取り付けるために砲塔の側面の装甲板を組み立てます。ところがご覧の様にパーツがかなり変形していて、ちゃんと合いません。これは力業で押さえ込んで接着するしかなさそうです。歪んでしまった原因は私がこのキットを長い期間放置していたからで、箱の中で押されて開いてしまったと思われます。プラモは長く積むとその分余分な仕事が増えますよね。買ったらなるべく早く作った方がいいですよ。でも、お店で古くなってるのももしかしたら同じかも知れないですね。

主砲の組み立て

とにかく主砲を挟み込んで接着剤を塗り、セロテープでガチガチに押さえ込んでおきました。このま一晩放置です。一応保険のためにすでに固まっている砲塔の後の砲もはがれてこないようにテープで押さえてあります。これでちゃんと直ってくれると思います。

主砲の組み立て

一晩明けた今日の様子がこれです。接着した下側はなんとか納まってくれていますが、天板と側面の装甲板はまだ少し隙間が残っています。砲塔の天板は砲塔の中を塗ってから取り付けになるのですが、テープで押さえるためには天板になにも付けてない状態で先に中を塗る必要がありそうです。次回は砲塔内部の塗装をします。

(全作品完成まで あと121)

 

関連するコンテンツ

作品No.479の記事一覧

  1. ティーガー1後期生産型 鉄道運輸状態 Op.479 制作開始 (2020年6月21日)
  2. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その3 車体上部の組み立てとツィンメリット・コーティング (2020年6月23日)
  3. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その5 主砲の組み立て組み立て (2020年6月25日)
  4. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その6 砲塔天板の組み立て (2020年6月26日)
  5. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その7 砲塔細部の組み立てとコーティング (2020年6月27日)
  6. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その8 フェンダーの組み立て (2020年6月28日)
  7. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その9 履帯の組み立て(1) (2020年6月30日)
  8. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その10 履帯の組み立て(2) (2020年7月4日)
  9. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その11 基本塗装 (2020年7月5日)
  10. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その12 迷彩塗装 (2020年7月6日)
  11. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その13 デカール貼りと履帯の塗装 (2020年7月7日)
  12. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その14 細部の塗り分けとフィルタリング (2020年7月8日)
  13. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その15 スミ入れと予備履帯の塗装と取り付け (2020年7月9日)
  14. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その16 車体下部の汚しと足回りの組み付け (2020年7月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »