トップAFVドイツティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その12 迷彩塗装

« »

ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その12 迷彩塗装

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 479-12

迷彩塗装

今回はドイツ戦車でおなじみの3色迷彩です。前回塗ったダークイエローにグリーンとブラウンをのせます。AFVクラブのキットの塗装図は5面全部あるので、反対側の面はどうなっているのか悩まないで済みます。

詳しくはつづきをどうぞ…

迷彩塗装1色目、ブラウン

迷彩塗装1色目 ブラウン

塗装図の2つめの車輌を塗ります。この車輌は両サイドのオーバーフェンダーを付けた状態で迷彩塗装が塗られたようで、オーバーフェンダーを外した鉄道輸送状態では、迷彩模様がスパッと途切れています。これがまた鉄道輸送っぽくていいですよね…ってなわけで、マスキングテープでフェンダーの下になる部分を隠してから迷彩模様を塗ります。

ブラウンを塗るときっはちゃんとグリーンを塗る隙間を空けながら塗っていきます。まぁ、塗装図に5面全部描かれているので、それをそのままマネすれば良いので難しくは無いです。

迷彩塗装2色目、グリーン

迷彩塗装(2色目)

続いて2色目のグリーンを塗ります。塗装図を見ながらフワフワと塗っていきます。全部塗り終わったらマスキングテープをはがすのですが、その際にコーティングが一部テープと一緒に剥げてきて、下地が見えてしまいました(赤丸)。ここは後から補修しておきます。

フェンダーの台座

フェンダーの台座

塗装図を見ていて気づいたのですが、この赤丸の位置にもフェンダーの台座があることに気づきました。この位置は正面の装甲板の側面にあたる部分で、そういえばなにか飛び出していたような、いなかったような…
たぶん、ゲートの痕かなにかと勘違いして削り取ってしまったような気がします。ただ残っていたとしても抜き型の関係で中央に穴は開いていないでしょうし、形もダルダルじゃないかと思います。そこでモデルカステンの履帯セットのオマケで入っていたフェンダーの台座をここに貼り付けました。他の台座よりも少し大きめですが、まぁ、気にしないことにします。これも先程の補修箇所と一緒に筆塗りで塗っておきます。

ツヤ有りクリア

迷彩塗装

最後に全体をツヤ有りのクリアでオーバーコートします。これで迷彩塗装の時にできたツヤムラも統一されますし、デカールの下地づくりにもなります。デカールは下地をツルツルにしておくと余白が目立たなくなりますからね、この作業は必須です。デカールを貼る前に丸一日充分乾燥させます。

(全作品完成まで あと121)

 

関連するコンテンツ

作品No.479の記事一覧

  1. ティーガー1後期生産型 鉄道運輸状態 Op.479 制作開始 (2020年6月21日)
  2. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その3 車体上部の組み立てとツィンメリット・コーティング (2020年6月23日)
  3. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その5 主砲の組み立て組み立て (2020年6月25日)
  4. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その6 砲塔天板の組み立て (2020年6月26日)
  5. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その7 砲塔細部の組み立てとコーティング (2020年6月27日)
  6. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その8 フェンダーの組み立て (2020年6月28日)
  7. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その9 履帯の組み立て(1) (2020年6月30日)
  8. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その10 履帯の組み立て(2) (2020年7月4日)
  9. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その11 基本塗装 (2020年7月5日)
  10. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その12 迷彩塗装 (2020年7月6日)
  11. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その13 デカール貼りと履帯の塗装 (2020年7月7日)
  12. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その14 細部の塗り分けとフィルタリング (2020年7月8日)
  13. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その15 スミ入れと予備履帯の塗装と取り付け (2020年7月9日)
  14. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その16 車体下部の汚しと足回りの組み付け (2020年7月11日)
  15. ティーガー1後期生産型鉄道輸送状態 その17 完成! (2020年7月15日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »