« »

ドイツ・80t重平貨車SSyms80 Op.480 制作開始

Category : AFV 鉄道 ドイツ

Scale : 1/35 Maker : トランペッター Post : 480-1

ドイツ・80t重平貨車SSyms80 1/35 トランペッター

鉄道輸送状態のティーガー1ができたので、つぎはこれを乗せる貨車を作ります。手持ちの貨車に乗せようと思ったのですが、以前作ったのは4軸(車軸が4本)のもので、4号戦車とかなら乗せられるのですが、重いパンターや(車重45tのパンターは最大積載重量50tの4軸貨車に乗せられます:tomboy07さんの情報により訂正)ティーガーは乗せられないと言うことを知りました。どうやら重戦車などは6軸の重平貨車なるものに乗せて運んだらしいのです。それで6軸貨車のキットを探したのですが、すでに生産が終了しており、どこにも売ってません。みつけてもプレミアが付いて元々高いキットがとんでもない価格になってました。

半分あきらめていたのですが・・・

箱つぶれのB品をゲット

箱つぶれ

ネットであるお店で中古品ってのを見つけました。どの程度の品なのかは書かれていないので少々不安なのですが、価格が半分くらいしかしないのでダメ元で購入してみました。そして届いたのがこれです。

中味はランナーの入ったポリ袋はまったくの未開封で、メーカー出荷後一度も出されていない感じにきっちりと納まっていました。どうやら中古と言うよりは店頭作業とか輸送の途中でで箱を潰してしまったようです。でも製品へのダメージは見受けられませんでした。とても大きな箱ですからね、潰しちゃったんでしょうね。でもどうせ箱は捨てちゃうので、これはいい買い物でした。ラッキーです。

キットには貨車だけで無く、ティーガーを乗せるスロープも付いています。そしてスロープと貨車を並べるのに十分なくらいの線路も付いてきます。これは大きくなりますよね。

あと、こうなるとフィギュアをなんとかしたいですね。ぴったしのポーズのフィギュアは無いので、作業員と戦車兵をどこかで都合つけないとね。まぁ、こちらはどうなるか分かりません。さっそく製作に入ります。

線路の組み立て

線路の組み立て

長さが70cmにもなる線路を組み立てます。6つのパーツをつなぎます。ただ大きなパーツでざっくりしているので隙間が空きます。ここはパテで埋めることになります。

裏打ち

非常に大きいので、キットの小さなダボだけではしっかりと固定できません。パテで埋めても接着面がグラグラしたら溝があいてしまいます。そうなる前に、ガッチリと固定します。1mm厚のプラ板を適当に切って裏打ちをします。これでかなり頑丈になったはずです。

パテ埋め

パテで埋めるのは枠の部分だけじゃありません。砕石の部分も隣の砕石とつながるようには出来ていないので、こちらも埋めます。ただゴロゴロの石なので、不自然な所は削ったり、足りない所は丸めたパテを貼り付けたりして石が連続しているようにしました。

パテが充分に固まったら削りますが、ラッカーパテは乾燥すると痩せるので、何度か盛っては削りを繰り返さないといけないかもしれません。

(全作品完成まで あと119)

関連するコンテンツ

“ドイツ・80t重平貨車SSyms80 Op.480 制作開始” への2件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。
    いよいよ大物ですね。

    さて、4軸平型貨車の最大積載量ですが、デカールに、亀甲型の枠線の中に50と数字が入っているものがあったと思います。
    これは最大積載量が50tである事を表しています。
    パンサーの重量は約45tですので、4軸平型貨車はパンサーまで積載可能でした。

    • 根生 根生 より:

      tomboy07さん、こんにちは。情報ありがとうございます。
      パンターは4軸でも積めたんですね、教えていただいてありがとうございます。記事を修正しておきます。
      どこかで6軸貨車の情報を読んだときにパンターも積んだと書いてあったと勘違いしていたみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »