トップAFVイスラエルM109A2ロチェフ その15 スミ入れ

« »

M109A2ロチェフ その15 スミ入れ

Category : AFV イスラエル

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 438-15


スミ入れ

今回からは仕上げの工程に入ります。まだ足回りの組み込みはできていませんが、そちらは土汚れを付けてからの作業になるのでまずは土汚れより奥の汚れを付けていきます。

詳しくはつづきをどうぞ…

車体のスミ入れ

車体のスミ入れ

途中の写真を撮り忘れたのでいきなりスミ入れ終了状態です。スミ入れ塗料はクレオスのMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンを使います。塗料を瓶から出したままの濃さでスミを入れたいところに塗ります。手で触っても取れないくらいまで乾いたら、専用の溶剤を染ませた筆で拭き取ります。スミイレをしたいパネルラインやボルトの周囲にスミ入れ塗料が拭ききれずに残ります。

あまり乾きすぎると取れなくなるので、あまり欲張らずに1面ぐらいずつ仕上げてきます。結構細かなパーツも多く表面が凸凹しているので結構手間はかかりますが、その分やりがいがあります。

砲弾ケースのスミ入れ

砲弾ケースの仕上げ

塗装がすんだ砲弾ケースにデカールを貼り、1日乾かしてから今度はデカールの保護とツヤの統一のために半ツヤクリアでオーバーコートしました。こう書くと1行ちょいなのですが、塗装からは3日が過ぎています。手間はかかりませんが、乾燥時間はかかります。半ツヤクリアが乾いたら車体と同じ様にスミイレをしました。

(全作品完成まで あと127)

 

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »