« »

マクラーレン MP4/6 ホンダ その2 トランスミッションの塗装と組み立て

Category : 自動車

Scale : 1/12 Maker : タミヤ Post : 487-2

トランスミッションの塗装と組み立て

エンジンのパーツを塗装して組み立てます。ただ今回はエンジンと言うよりはエンジンの先に付いているトランスミッションやリアサスペンションの基部を組み立てました。ビッグスケールモデルということで1つずつのパーツがそれなりに大きいので、ほとんどは別々に塗装してから組み立てました。

詳しくはつづきをどうぞ…

エンジンとトランスミッションの塗装

エンジンとトランスミッションの塗装

まずは一番大きなパーツを塗り分けます。なんとエンジンとトランスミッションはこれ1パーツなんです。左右の貼り合わせでも無いんです。ほんとに1パーツなんです。ちょっと驚きですよね。最初にエンジン部分を半ツヤの黒で塗装してからマスキングします。まっすぐに塗り分けるだけなのでマスキングは簡単です。次にトランスミッション部分をガンメタルとフラットブラウンを混ぜた色で塗ります。私は少し明るめに調色しています。

トランスミッションには金属パーツでサスペンションの基部が付きます。これをトランスミッションと同じ色で塗るのかどうか悩んだのですが、金属パーツも銀色のままのパーツと黒いパーツの2種類が用意されていることから、おそらく銀色のままなのかな?と考えて未塗装にすることにしました。

トランスミッションの組み立て

トランスミッションの組み立て

トランスミッションを組み立てます。それぞれ塗装を済ませておいたパーツを組付けていきます。大きな車体を支えるサスペンションの基部ですkらガッチリしたパーツでできています。特に力がかかる部分なんでしょうかね、ネジ止めする部分もあったり、金属パーツを埋め込んだりしています。なかなか頼もしいです。

小さなデカールを2枚貼りました。ツヤ消しの上に貼っているのでもしかしたらシルバリングを起こすかも知れません。その場合は余白を切り取るつもりです。今はマークソフターを塗っているのでしわしわですが、乾けばピッタリと付いてくれるはず・・・たぶんね。

トランスミッションの塗装と組み立て

塗装指示にはないのですが、ボルトの頭はシルバーで塗り分けています。実車の写真を見るとけっこうシルバーのボルトが目立ちます。それに密度感が上がって模型映えもしますよね。次回はここにサスペンションを付けていきます。

(全作品完成まで あと115)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »