« »

マクラーレン MP4/6 ホンダ その3 リアダンパー

Category : 自動車

Scale : 1/12 Maker : タミヤ Post : 487-3

リアダンパー

今回からリアのサスペンションを組み立てます。まずは手始めにダンパーを作りました。ダンパーそのものの組み立ては簡単なのですが、これをトランスミッションに取り付けるのがなかなかの難作業でした。

詳しくは続きをどうぞ…


ダンパーの組み立て

ダンパーの組み立て

ダンパーを塗装して組み立てます。シリンダーは左右貼り合わせではなく筒状に成形されているものにネジを留め具として差し込むようになっています。とても丈夫な設計です。ネジは見えない側に取り付ければ大丈夫です。

ダンパーの取り付け

ダンパーをトランスミッションに取り付けます。位置を決めてからピンを差し込むのですが、これがなかなか難しい。ピンが貫通できる位置が決まらずに30分ほど格闘しました。エンジンのヘッドを説明書の順番通りつけてしまっているのですが、これは後から取り付けたほうが邪魔にならずにすみそうです。反対側は慣れてきたので半分の15分程でつけることができたのですが、今日はこれで力尽きました。

リアダンパー

次回はここにサスペンションアームを取り付けます。だんだん形になってきますね。

(全作品完成まで あと115)

関連するコンテンツ

“マクラーレン MP4/6 ホンダ その3 リアダンパー” への4件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。

    着々と進めておられますね。
    ダンパーの取付に難儀されたとの事。
    タミヤは組み易いと思っていましたが、そういう事もあるのですね。
    組立の時には注意させて頂きます。

    根生さんを人柱のようにして申し訳ないのですが、このような情報は大変に助かります。
    ありがとうございます。

    • 根生 より:

      tomboy07さん、こんにちは。
      これは穴が斜めで良く見えない上に、穴がその外のくぼみの真ん中に開いていない、パーツが細くて金属でツルツルするのでピンセットは使えず先の細いペンチが必要、偶然にすべての穴が貫通する位置にパーツを置かないと行けない(まさに運だけがたより)と困難な条件山積みでした。これはもう時間がかかることは腹をくくって「いつか通るだろう」とのんびりと構えて作業すればそのうち通ります。技術どうこうじゃなく、運ですからね。神棚とかご先祖様にお祈りしてから作業するのもいいかもです(笑)。

  2. tomboy07 より:

    了解です。

    コツコツやるしか無いようですね。

    今週中にレオパルドⅡが終わりそうですので、マクラーレンに掛かれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »