トップAFVドイツティーガー1初期生産型(ドラゴン) その5 OVMの組立て

« »

ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その5 OVMの組立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : サイバーホビー Post : 302-5


OVMの取り付け

OVMの組立て

OVMの組立て

しばらく他のキットに浮気をしていたので制作が中断していたタイガーの制作に戻ります。OVM(車載工具など)を取り付けました。

最近のドラゴンのキットではOVMの留め具のハンドルはプラのモールドで再現されていることが多いのです。ところがいろいろなキットのランナーの寄せ集めで作られるサイバーの製品では(特に安価なオレンジボックスでは)その再現度にばらつきがあります。そして、このキットでは、OVMクランプのハンドルはあったりなかったりしています。そこでハンドル部分を統一するためにぜんぶのOVMクランプのハンドルは切り飛ばし、エッチングパーツ(ライオンロア製)のOVMクランプのハンドル部分だけを接着しました。

OVMの組立て

OVMの組立て

車体前面の雪かきスコップの留め具の足を真鍮板で作りました。またスコップの柄の端を止める金具は銅板で作りました。さらに、クリーニングロッドの接続用の穴を開口、ワイヤーカッターの柄の抑えをプラ板で作るなど細かな追加工作をしてあります。

 

履帯交換用ワイヤーの留め具

履帯交換用ワイヤーの留め具

S33号車倒福号では車体左サイドに付けられた履帯交換用のワイヤーが付けられていません。ワイヤーの両端のアイを留める金具はプラパーツから切り出し、その他の留め具やフックは真鍮を細切りした板(実はエッチングパーツのランナー)を切って作りました。

長方形に切って曲げただけですが、キット付属の蝶ねじを付ければ案外それらしく見えます。これでドラゴンの倒福号の車体の組み立てはほぼ完了です。

(全作品完成まで あと96)

作品No.302の記事一覧

  1. ドイツ重戦車・ティーガー1初期生産型(ドラゴン) Op.302 制作開始 (2013年4月18日)
  2. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その2 車体の組立て (2013年4月20日)
  3. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その3 フェンダーと車体後部の組立て (2013年4月25日)
  4. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その4 エアフィルターの組立て (2013年4月27日)
  5. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その5 OVMの組立て (2013年5月19日)
  6. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その6 砲塔の組立て (2013年5月25日)
  7. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その7 組立て完了 (2013年5月27日)
  8. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その10 影吹き、基本塗装 (2013年6月10日)
  9. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その11 迷彩塗装 (2013年6月14日)
  10. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その12 デカール貼りと転輪の塗分け (2013年6月18日)
  11. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その13 細部の塗分け (2013年6月24日)
  12. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その14 スミ入れ (2013年6月29日)
  13. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その15 足まわりの汚しと組立て (2013年7月5日)
  14. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その16 フィギュアの組立て、サフ吹き、下塗り (2013年7月8日)
  15. ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その17 破損箇所の補修と蝶ねじの追加 (2013年7月11日)
  16. ドイツ重戦車・ティーガー1初期生産型(ドラゴン) その18 完成!! (2013年7月17日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »

関連するコンテンツ