トップAFVドイツ38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その6 組立て完了

« »

38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その6 組立て完了

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : AFVクラブ Post : 189-6


38cmロケット砲の組み立て

シュトゥルムティーガー 38cmロケット砲

シュトゥルムティーガー 38cmロケット砲

主砲である38cmロケット砲を組み立てます。 第二次世界大戦の戦車搭載砲の中では最大級の主砲です。ただし自力で推進できるロケット弾を発射するため、砲身は長い必要はないため、非常にユニークな形となっています。

砲身の中にはライフリングが刻まれているのですが、それはエッチングパーツで再現されています。このエッチングパーツを丸く丸めるのが一騒動で、ライフリングの溝で簡単に折れてしまうため、結構苦労しました。

砲口にはカウンターウエイトが付くのですが、私が作ろうと企んでいる塗装図1の車輌には付きません。そのため砲口はこのままで完成となります。

砲口の周囲に空いた小さな穴は砲身内にたまったロケットの排気ガスを車外に排気するための穴です。これが無いと車内はたいへんなことになるでしょうね。

クレーンの組み立て

シュトゥルムティーガー 砲弾用クレーン

シュトゥルムティーガー 砲弾用クレーン

戦闘室後方には砲弾をつり上げるためのクレーンが付いています。人の背丈ほどもあるロケット砲弾ですから、人力だけで持ち上げるのは不可能ですからね。

クレーンの組み立て説明書はクレーン本体部分の組み立てが欠落しており、完成したイラストを見ながら想像でパーツを貼り付けます。そんなにややこしくなかったので、タブン間違っていないと思います。

組み立て完了

シュトゥルムティーガー 組立て完了

シュトゥルムティーガー 組立て完了

とりあえず大まかな組み立てが完了しました。ピストルポートの蓋はインテリアの塗装が完了し、内壁が付いてからの取り付けになります。

また、エンジンデッキ上には蝶ねじがいくつか付きますが、こちらも外の塗装を行う直前に付けることにします。うっかり触って取れちゃっても困りますからね。

(全作品完成まで あと69)

関連するコンテンツ

作品No.189の記事一覧

  1. ドイツ・38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー Op.189 制作開始 (2010年1月1日)
  2. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その2 操縦室・車体上面の組立て (2010年1月6日)
  3. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その3 ツィンメリット・コーティング (2010年1月7日)
  4. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その4 車体側面、ラジエター、戦闘室内壁 (2010年1月9日)
  5. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その5 砲弾ラックと戦闘室天板 (2010年1月10日)
  6. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その6 組立て完了 (2010年1月12日)
  7. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その7 インテリアのディテールアップ (2010年1月14日)
  8. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その8 履帯の組立て(まずは半分) (2010年1月15日)
  9. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その9 エンジン隔壁と履帯が完成 (2010年1月16日)
  10. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その10 無線機 (2010年1月17日)
  11. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その11 インテリアの塗分け (2010年1月20日)
  12. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その12 組立て完了 (2010年1月21日)
  13. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その13 塗装、迷彩2色目まで (2010年1月22日)
  14. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その14 迷彩塗装と砲弾の積み込み (2010年1月25日)
  15. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その15 車体部分インテリアの仕上げ (2010年1月28日)
  16. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その16 戦闘室の仕上げ、細部の塗分け (2010年1月29日)
  17. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その17 ウオッシングにドライブラシ (2010年1月31日)
  18. 38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その18 チッピングと履帯の取り付け (2010年2月1日)
  19. ドイツ・38cm突撃臼砲シュトゥルムティーガー その19 完成!! (2010年2月2日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

« »