トップAFVドイツタイガー1型中期生産型 その8 車体のディテールアップ

« »

タイガー1型中期生産型 その8 車体のディテールアップ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 453-8


車体のディテールアップ

砲塔に続き今回は車体のディテールアップをしました。ドラゴンの余剰パーツなどを使って蝶ねじなどを取り付けました。これで組み立て作業は完了です。

詳しくはつづきをどうぞ…

エンジンデッキ

タグワイヤーの留め具

エンジンデッキにはタグワイヤーを固定するための金具が取り付けられています。タミヤのキットでは省略されていますが、ドラゴンのキットの余剰パーツを使って取り付けました。ワイヤーの形が少し大きく膨らんでいるので留め具の位置も少し違うのですが、まぁしかたがありません。

消火器の固定具

エンジンデッキのもう一箇所は消火器の固定具です。ドラゴンとかでもこれは分厚かったりするので作り替えたりするので、最初から付いていない方がかえって楽ちんですね。プラ板を小さく切って貼り付けました。

排気管

排気管のディテールアップ

排気管のカバー(なのかな?)にはピンのような形状のものが付いています。これもタミヤではまるっきり省略されているのでそれらしくプラ棒を使って再現しました。

OVMの留め具

OVMの留め具

タグワイヤーや履帯の交換ワイヤーを留めている蝶ねじを取り付けました。この蝶ねじはドラゴンのキットに入っていた余剰パーツです。

車体前部のディテールアップ

スコップなどのOVMはクランプで留められています。クランプの本体部分はOVMにモールドされているのでハンドル部分だけをエッチングパーツを貼り付けました。本当ならクランプ全部を作り替えればいいのですが、老眼にはなかなか厳しい作業なので、こうしてハンドル部分だけを使います。できない作業で無理をするのでもなく、全てをあきらめてしまうのでも無く、自分に無理なくできる範囲の作業でディテールアップを楽しむのもいいと思います。

ヘッドライトには電源コードを追加しました。好きな形に曲げやすいハンダ線を使っています。さまざまな太さの物を用意しているのですが、それぞれが何十メートルもあるので、一度買ったら一生ありそうです。

組み立て完了

車体のディテールアップ

これにて組み立て完了です。次回からは塗装作業に入ります。今回はダークイエロー一色ですから一気に塗っちゃいますよ。

(全作品完成まで あと127)

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »