トップAFVドイツタイガー1中期生産型 その15 足回りの組み立て

« »

タイガー1中期生産型 その15 足回りの組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : タミヤ Post : 453-15


足回りの組み立て

久しぶりにタイガー1中期型の制作です。今日は足回りを汚して組み立てます。その汚し作業では粉がたくさん出るので暖かい居間では作業できないので、ずっと後回しにしていました。今日は決して暖かい日ではなかったのですが、それでも昼間ですからね、マスクをして塗装ブースで巻き上がるピグメントを吸い出しながらなんとか作業を終えました。

詳しくはつづきをどうぞ…

車体の汚し

車体下部の汚し

3色のピグメントを使って車体の下部を汚します。色を調整してアルコールで泥状に溶いたピグメントを塗りつけ、そこに粉状のピグメントをまぶしました。乾いたら堅い筆でこすって余分のピグメントを落としたり、アルコールでぼかしたりして仕上げました。

車体下部の汚し

車体側面だけで無く他の面も同様に汚しました。

車輪の汚し

車輪の汚し

転輪、起動輪、誘導輪も同様に汚して取り付けました。起動輪だけは履帯を取り付ける時に回転させないと履帯を滑り込ませられないので、履帯を取り付ける直前に接着します。

転輪のゴム部分はアルコールを染ませた綿棒でピグメントを拭き取ります。もちろんキレイに拭き取ることはできませんが、これくらいの残り具合が良い感じです。

履帯の汚し

履帯の汚し

履帯は少し薄めに溶いたピグメントを塗りつけます。薄めに溶くのは隅々までちゃんと流れて欲しいからで、そのかわりに粉状のピグメントを塗れた上からまぶしました。ピグメントが乾いたら接地部分のピグメントを堅い筆でこすって落とし、そのかわりに鉛筆の芯をこすりつけて金属光沢を出しました。

履帯の取り付け

履帯の取り付け

連結可動式の履帯ですから端から順に流し込んで取り付けます。隙間が狭いのでなかなか通すのが大変ですが、通ってしまえばこっちのものです。最後につなげばご覧の様に自然な弛みで垂れ下がってくれます。

足回りの組み立て

これで履帯の取り付けは完了です。次回はいよいよ戦車の仕上げですが、ここで大事件発生です。写真の通り車長用のハッチが紛失してしまっています。大きいとは言い難いサイズですが無くなってしまうほど小さくはないパーツです。一体全体何処に行ってしまったんでしょうか?制作記をみてみたらサフ吹き以後は写真に写ってません。いつ無くなったかが不明なので、どこで無くしたかももう記憶にありません。まいりましたね・・・

(全作品完成まで あと127)

関連するコンテンツ

作品No.453の記事一覧

  1. ドイツ重戦車タイガー1型中期生産型 オットーカリウス搭乗車 Op.453 制作開始 (2018年12月18日)
  2. タイガー1型中期生産型 その2 車輪の組み立て (2018年12月20日)
  3. タイガー1型 中期生産型 その3 車体の組み立て (2018年12月22日)
  4. タイガー1型中期生産型 その4 砲塔の組み立て (2018年12月23日)
  5. タイガー1型中期生産型 その5 組み立て完了 (2018年12月26日)
  6. タイガー1型中期生産型 その6 履帯の組み立て (2018年12月29日)
  7. タイガー1型中期生産型 その7 砲塔のディテールアップ (2019年1月2日)
  8. タイガー1型中期生産型 その8 車体のディテールアップ (2019年1月9日)
  9. タイガー1型中期生産型 その9 サフ吹き (2019年1月10日)
  10. タイガー1型中期生産型 その10 基本塗装 (2019年1月12日)
  11. タイガー1型中期生産型 その11 デカール貼りとフィギュアの組み立て (2019年1月13日)
  12. タイガー1型中期生産型 その12 細部の塗り分け (2019年1月18日)
  13. タイガー1型中期生産型 その13 スミイレとOVMの仕上げ (2019年1月20日)
  14. タイガー1型中期生産型 その14 ペリスコープと雨だれ (2019年1月22日)
  15. タイガー1中期生産型 その15 足回りの組み立て (2019年2月3日)
  16. タイガー1型中期生産型 その16 フィギュアの下塗りと車長用ハッチ (2019年2月9日)
  17. タイガー1型中期生産型 その17 戦車の仕上げ (2019年2月17日)
  18. タイガー1型中期生産型 その18 フィギュアの顔の塗装 (2019年2月18日)
  19. ドイツ重戦車・タイガー1型中期生産型 オットー・カリウス搭乗車 その19 完成!! (2019年2月21日)

“タイガー1中期生産型 その15 足回りの組み立て” への6件のフィードバック

  1. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。
    ハッチ紛失、大変ですね。
    私も以前紛失しそうにない物を紛失した事がありました。
    残念ながらそのメーカーは部品の小売りをしていませんでしたので、1つ購入し失くした部品を複製する羽目になりました。
    タミヤは部品の小売りをしてくれますので少し安心ですが、それよりは紛失部品が早く見つかる事を願っています。

    • 根生 根生 より:

      タイガーはいくつも作っているので余剰パーツにないかと探してみたのですが、さすがにこれは無いですね。
      まだ出てくるかも知れないので他の作業を進めていますが、パーツ請求するか、それとも完成している他のタイガーからもってきて(上手い具合にこのハッチは未接着)複製するかですね。裏側は複製できなていなくてもほとんど分からないので複製の練習にいいかもです。

  2. tomboy07 より:

    根生さん

    今晩は。

    ハッチ見つかりましたか?
    まだでしたら、ドラゴンのキットの部品が代用品に使えそうです。
    根生さんが作られたキットでは、キングタイガー ポルシェ砲塔プレミアムエディションやVK4501、VK4502(P)Hや(P)VのN20です。
    組説ではアームとハッチが別になっているTJ部品を使うよう指示されていますので、アームが一体にモールードされているN20が余っていると思います。
    タミヤのキットにはアームがほんの少し長いようですが、開いた位置での使用には問題ないと思います。

    • 根生 根生 より:

      tomboy07さん、情報ありがとうございます。ほとんどあきらめていたのですが、VK4501もVK4502も作っているのでジャンクパーツを探してみました。でも残念ながら捨ててしまっていたようでみつかりませんでした_| ̄|○
      ただせっかくなのでドラゴンの手持ちの積みから探してみたら、なんと前期型のヴィットマンのS04号車から出てきました。このキットはもらい物でお手つきなのですが、なぜか後期型のハッチのパーツが袋に入ったまま同梱されていました。パーツリストを確認しても載っておらずなんとも不思議なのですが、これで作れることになりました。
      このあたりのいきさつを近々アップしますね。

  3. tomboy07 より:

    根生さん

    無事解決されたようで良かったです。
    完成を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »