トップ建物神瞰・熊本城 その9 小天守1階の外壁

« »

神瞰・熊本城 その9 小天守1階の外壁

Category : 建物

Scale : 1/144 Maker : GSIクレオス Post : 233-9


1階が完成

1階まで完成

小天守1階

複雑な形状をした小天守1階の外壁が完成しました。これで大天守、小天守の1階部分が完成しました。

これが室内を上から見た写真です。障子の桟は凸モールドになっているので、面相筆で慎重に塗り分けたのですが、襖の周囲の黒はモールドも浅く、なかなか塗り分けが難しそうです。

実はマスキングテープに黒を塗りまして、これを細切りにして襖の周囲に貼りました。こうすればまっすぐになるはずですが、それでも微妙によれてしまいました。

塗り分けやマスキングもだんだん慣れて上手になっていますから、上の階に行く頃にはもう少しうまくなっているでしょうね(オイオイ)。

石落とし

外壁の角には石垣をよじ登ってきた外敵を攻撃するための石落が付いています。さらに、キットでは省略されていますが、先のとがった鉄の棒がずらりと下を向いて並んでいます。このあたりをディテールアップで付けるとさらにいいでしょうね。私はやりませんけど・・・

地下にある厨房

地下室を覗くと光取りの窓が見えます。ここは厨房ですから、光が必要だったんですね。できた料理を運ぶ大きな石段もあります。でも、大天守と小天守の境目には壁だけで扉が無いんですよね。不思議だな~???

これにて1階部分の完成です。えっ?屋根がまだ付いていないって・・・

1階が完成
1階の大屋根は非常に大きく、先端は2階の屋根の上までも届くほどです。それで2階と一緒に作ることになります。屋根はこの城の制作でも一番手間のかかる部分ですが、その最大サイズがいよいよ次に控えています。

1階大屋根と大天守2階の仮り組み

マスキングや塗装の合間に次のパーツを切り出して仮組みしてみました。大天守の2階部分の一部と1階の大屋根です。2階部分はパーツのサイズが大きく、大天守では外壁が2重構造になっています。これは大変な手間がかかりそうです。でもここを過ぎれば後は一気にサイズが小さくなっていきますから、楽になると思います。すでにパーツで満杯だった箱は大型パーツが無くなってきたことでスカスカになってきています。4月の完成をめざしてがんばりましょう。

(全作品完成まで あと89)

この記事は2011年1月7日に書かれました。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »