トップ建物神瞰・熊本城 その10 大天守2階の内装

« »

神瞰・熊本城 その10 大天守2階の内装

Category : 建物

Scale : 1/144 Maker : GSIクレオス Post : 233-10


大天守2階の組み立て

大天守2階の仮り組み

いよいよ2階部分の組み立てに入ります。まずは大天守からです。2階はまだ部屋数も多く、1階同様に部屋の間仕切り、外壁の構造になっています。さらに外壁は1階の大屋根が2階の上まで達していることから、2重の構造になっています。今回は内壁と内側の外壁(ややこしい・・・)を作りました。

仮組み

大天守2階の仮り組み大天守2階の仮り組み

切り出したパーツのゲートを処理して仮組みしてみます。各パーツのダボはきついくらいなので、接着剤無しでも結構形になってくれます。むしろ少しダボを削ってやらないときっちりと組めないかもしれませんね。

畳は先に塗装して、すでにマスキングをしてあります。

柱の整形

間仕切りの間には太い柱が4本通ります。これらはパーティングラインを消すだけでなく、多少のヒケなどもありますから、デザインナイフでかんながけをしてやるときっちりと面と角が出てきます。

押し出しピンの跡なんかもあるのですが、それはその面を下に向けて見えないようにしてしまえばOKでしょう。

大天守2階の床

大天守2階の内装大天守2階、内側の外壁

床を塗装してマスキングテープを剥がし、畳の縁をガンダムマーカーで緑色に塗ります。定規を当てればまっすぐ線が引けますから簡単です。

内壁、内側の外壁を塗装して組み付けます。1階に比べると部屋数も多少少ない上、パーツも少々小さいので少しは楽になります。なによりも障子や襖が少ないのがいいですね。板の扉って大好きです(笑)。

こうして3枚の写真を並べるとどんどん建築が進んでいるように見えますが、茶色、白、黒の3色をマスキングしながら塗り分けていきますから、塗装だけでも2~3日かかってるんですよね。ある程度まとめて塗装やマスキングをすればもう少し早く進むのでしょうが、それでは疲れてしまいますので、すこしずつ達成感を感じられるくらいに分割して成果を目で確かめ楽しみながら続けることが、このような大型キットを完成させるコツじゃないかと思っています。

さぁ、次は外壁、そして1階の大屋根ですね。

(全作品完成まで あと89)

この記事は2011年1月14日に書かれました。

関連するコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »