« »

3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-22

運転席天板の取り付け

いよいよ車体の上部の制作に入ります。シャーシ部と同じく、前から進めます。今回は運転席の天板、自動車で言うとボンネットに当たる部分の内側を作り、車体に取り付けました。

詳しくはつづきをどうぞ…

運転席天板内側の制作

運転席天板内側の制作

運転席天板の内側を作ります。基本はインテリアカラーのアイボリーなのですが、付いているパーツはツヤ消し黒で塗ってます。前にある箱はバイザーブロックの予備を入れる箱でしょうか?それと計器板以外は何をするパーツなのかよくわかりません。

計器板のメーター

これだけ凝ったキットなのに、計器板のメーターのデカールが付属していません。メーターのモールドも無く、丸い枠だけでツルツルです。このままでは見栄えが悪いので、ジャンクパーツの中から、同じようなサイズのメーターのデカールを探してきて、切り抜いて貼り付けました。これは飛行機キットのメーターなんですが、1/32でしょうかね。セイバードッグかな~?忘れちゃいました。たぶんこの飛行機を作ったときは印刷済みのカラーエッチングパーツを使ったので、このデカールが余ったんだと思います。詳しい人が見ると、飛行機のメーターだとバレちゃいそうですが、そこはジロジロ見ないでください(;^_^A

運転席天板の内側のスミ入れ

車体の取り付ける前にスミイレだけすませておきます。すすけた感じになりました。

車体に取り付け

車体に乗せてみた

車体の乗せてみました。案の定、おいただけでは浮いてしまいます。これだけ中にびっしり詰まっていては、なにかしら干渉するようです。なかなか正確に作るのは難しいですね。ただこれくらいなら、押し込んでやれば接着できそうなので、力業で接着することにします。

溶接

実際に溶接

テープで押さえておいて、流し込み接着剤を流して固定します。その後から、溶接部分をヒートペンを使って実際に溶接してしまいます。これで文句なく、ピッタリ固定です。

溶接痕をエポパテで再現

反対側は合わせ目の奥に少し隙間が出来たので、エポパテを埋めて、溶接痕を再現しました。

後の装甲板も溶接痕を再現

後の装甲板のつなぎ目も、溶接しました。隙間無くピッタリです。

運転席天板の取り付け

運転席の天板が付きました。シャーシ前面の装甲板との継ぎ目も溶接痕をピッタリと付けています。これでもう運転席や操舵装置などは、ハッチから覗き見える範囲しか見えません。お別れです。続いて次回は、戦闘室を組み立てます。説明書では壁面毎に作ってから、箱組みしますが、先に戦闘室の外枠を箱組みすることにします。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

“3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側” への2件のフィードバック

  1. afvbuilder2021 より:

    根生さんへ お久しぶりです!
    3突機関室完成おめでとうございます!
    毎回、見応えがありとてもワクワクしています。(塗装もすごく参考になります)まるで自分が作っているような気分にさせていただいております。
    内部構造が毎回勉強になります。インテリア付きの模型は作ったことがないので考えたこともなかったですが、戦車の運転席、とっても狭いのですね!ドライバーが乗っているのを見るとあの状態で運転して戦うなんて想像できません。
    これから戦闘室内部の制作に入ると思いますが、戦車長とか装填手とかはモデライズされているのでしょうか?もし搭乗するなら、ますますリアルな3突を仮想体験できるので、乗せれるならのせてください!楽しみにしています。

  2. 根生 より:

    afvbuilder2021さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    タイガーとかの重戦車に比べると3号戦車系は狭いですよね。4号戦車からは5人乗りになるのですが、3号戦車は小さいので4人乗りです。
    このキットでは、残りの3人もちゃんと入っています。ただ、本当に車内に収まるのかどうか心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »