« »

3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-3

シャーシの箱組み

説明書の順番では次にシャーシを構成するパーツを順に組み立てることになっているのですが、底板がかなり変形しているので、それを矯正するために、底板だけ組み立てた後にすぐに箱組みをして、ゆがみを取ることにしました。パーツの変形はひどいのですが、薄いので素直にいうことをきいてくれると思います。それでは早速作業に入ります。

詳しくはつづきをどうぞ…

底板の組み立て

底板の組み立て

まずは底板だけは組み立てます。後からではパーツを取り付けるのが大変そうだからです。トーションバーサスペンションの基部や車体の強度を出すためのリブを取り付けます。ここを正確に取り付けないと、後から苦労することになるので、慎重にすりあわせをしながら接着していきました。

シャーシ側面装甲板の組み立て

ブレーキの基部
ブレーキ

側面の装甲板も貼り合わせる前に内側のパーツだけは取り付けます。左の写真はブレーキを付ける前の側面なのですが、見えなくなる箇所もしっかりとモールドされています。ボルトもあったりしてよく出来ているように見えるのですが、実はまるで見えなくなります。

右の写真はそこにブレーキが付いた状態です。このブレーキの上にカバーが付くのですが、そのカバーでブレーキは見えなくなります。ですが、カバーには大きな穴が8つも開いているので、そこからチラリと見えると言えば見えるのですが、ここまで再現されたキットは、私は初めてです。

シャーシ前面には分厚い増加装甲が貼り付けられています。強力なT-34の76mm砲に対抗するためには必要ですよね。写真は撮り忘れてありませんが、厚い装甲板を貼り付けています。またその断面にはデザインナイフで溶断の痕をつけておきました。

シャーシの箱組み

シャーシの箱組み

シャーシの箱組みを開始します。まずは右側を底板に貼り付けます。底板はかなりグニャグニャに曲がっているので、端から順番に押さえつけながら接着していきました。指で押さえておいて、速乾性の流し込み接着剤を流して固定していきます。側板がついただけで、かなり底板は平になりました。

反対側も同様に付けるのですが、こんどは底板がほぼまっすぐになっているので楽ちんです。ですが、後から壊れないように接着はしっかりとしました。

隔壁の取り付け

リブの取り付け

左右の壁がしっかりと平行になるように、先に隔壁も取り付けます。これがきっちりと収まってくれるようなら、箱組みは完璧です。左右の壁の間にはちゃんと収まったのですが、思わぬところで伏兵にでくわしました。エンジンルーム内の縦方向のリブの先っぽがほんの少し干渉しました。よくよくみたら、位置が間違っていたのではなく、ゲートがきちんと処理されていないのが原因でした。ここにゲート痕があることをうっかりと見落としていたので、その分ほんのわずかに長くなり干渉したようです。なんともまぁ、組み立て精度の要求の高いキットですね。ほんと、気を抜けません。

車体の箱組み

これでシャーシの箱組みは完了です。次回はシャーシの外側を仕上げます。ここにトーションバーサスペンションや車輪を仮り組みしてみようと思っています。戦車の形になってくれば、モチベーションが爆上がりしますからね。今日はここまでです。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »