« »

3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-39

スミ入れ

今回はスミイレです。のっぺりとした、オモチャっぽい塗装を、よりリアルな感じに近づけるために行います。カーモデルなどでは、正にパネルラインに墨を流しいれるだけなのですが、AFVでは、墨を塗ってから溶剤で洗い落とすという、ウオッシングという作業をします。これが結構楽しいんですよね。

詳しくはつづきをどうぞ…

スミ入れ

スミイレをする前の戦車は、こんな明るい色をしています。そこにクレオスのMr.ウエザリングカラーのグランドブラウンという焦げ茶色を塗ります。この上の写真では戦闘室の天板あたりに塗っています。パネルラインや入り隅など、暗くしたい部分を中心に、ざっくりと塗ります。塗料は瓶生で、薄めずに塗ります。

塗料が触っても取れないくらいに乾いたら、拭き取ります。Mr.ウエザリングカラーはすぐに乾くので、あまり広い範囲を一度に塗りません。乾きすぎると、洗い落とすのが大変です。

ウオッシング

ウオッシング

ウエザリングカラーを専用溶剤を使って洗い落とします。平筆に染ませて、拭き取っていきます。その時、拭き痕が残るのですが、それは重力の方向に筋が付くようにします。雨が降った後の自動車の汚れと同じですね。

上の写真は、全体に処理が終わった所です。グランドブラウンは茶色なので、色味が赤に振ります。白く緑が鮮やかだった戦車が、赤っぽくなりました。最終の仕上がりの色がウオッシングで変わるので、迷彩塗装をする時から、仕上がりが赤っぽく変化することを見越して塗ります。でも今回は久しぶりの戦車だったので、思いの外赤くなってしまいました。少し勘が鈍ってます。

側面のウオッシング

車体の側面や車輪もウオッシングします。シャーシの側面は、かなり汚れるので、拭き取りもそこそこにしています。車輪も同様に、薄汚れた感じで終わっています。

フェンダーの上のように、細かな凸凹がある所は、そのまま原液でスミイレをすると、まっ黒になってしまうので、薄めて流しています。

まだまだスミ入れ作業は続きます。次回はやり残しているシュルツェンのスミイレをします。また時間があれば、ウエザリングの作業にも進めればと思います。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »