« »

ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-1

ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー

前作はリハビリのリハビリとうことでプラモではなく、お手軽なメタルキットをサクッと作ったのですが、今回はガッツリとAFVを作ります。作るのは中国の新興メーカーのボーダーモデルの3号突撃砲G後期型です。在庫を作らなければいけないという思いと、行きつけのプラモ屋さんが閉店してしまったという2つの理由からもう2021年5月以7ヶ月も新規のキットを買っていなかったのですが、大好きな3号突撃砲のフルインテリアキットが出ると知って、すぐにネットで注文しました。

当時ほとんどのサイトでは1万円を超える価格で売られていたのですが、唯一ジョーシンだけが8千円台で売られていたので、迷わず予約しました。ただそれが2022年のお正月のことでした。

初めのうちは何度もサイトを覗きに行っていたのですが、一向に発売される気配はありません。待てど暮らせどキットが届かないどころか、製品がリリースすらされません。そうこうしているうちに私もプラモ制作の手が止まってしまい、このキットの事は記憶の彼方に沈んでしまいました。

ところがその年(2022年)もいよいよ最後の月にさしかかったとき、なんとジョーシンから発送の連絡が。そしてまもなくキットは手元に届きました。当初2月発売だった(と思います)のが、延びに延びて10ヶ月後に発売になりました。せっかくなので次はこれを作ろうとその時に決めたというわけです。

続きを読む: ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始

フルインテリアキット

パーツでてんこ盛り

箱を開けるとそこにはパーツがびっしり。ほぼ全て箱のサイズに近い大型のランナーが12枚。一度箱から出したら2度と蓋が出来ないほどパンパンに入っていました。できあがれば車体のサイズは15cmほどの小さな戦車ですが、フルインテリアを再現といことでおびただしい数のパーツが入っています。さらにはエッチングパーツやアルミの砲身、銅線の牽引ワイヤーなども標準で入ったデラックス仕様です。

インテリアだけではありません

フィギュアと装備品ランナー

入っているのはインテリアパーツだけじゃありません。なんと4名の乗員のフィギュアと車体に積まれたたくさんの荷物も付属しています。3号突撃砲といえばエンジンデッキなどにびっしりと積まれた荷物が印象的で、けっこう後から追加したりするのですが、これが最初から用意されています。そして戦闘中の4名の乗員フィギュア。ポーズがカッコイイですね。このキットの購入を決めたのは、フルインテリア再現というのも然る事ながら、この装備品とフィギュアが入っていることも大きな要因でした。

初回限定のスペシャルボーナス

パンツァーバッジ

そしてもう一つ、オマケが付いてきました。実物大の金属製のパンツァーバッジです。あの戦車兵の胸についているやつですよね。これが付いてくるとは知らなかったので、購入の決め手とは関係無いのですが、オマケはなんでもうれしいです♪

説明書の正誤表

説明書と正誤表

説明書は18ページもある冊子が付いてきました。全部カラー印刷でなかなか豪華です。でもそうとういそいで作ったのか、あちこち間違いだらけで、やはりカラー印刷の正誤表が入っていました。まずはこれを見ながら説明書の間違いを訂正しておきます。

説明書の訂正

中にはまるっきり抜け落ちている部分もあり、そこは正誤表を切り取って貼り付けました。

パーツの洗浄

パーツの洗浄

海外のキットではよくあることですが、パーツの表面に金型から抜けやすくするために塗られている離型剤が残っていたりします。パーツをさわっていると変な手触りだったりするのでわかります。このままでも作れないことはないのですが、あまりに離型剤が多く残っていると、塗装の時に塗料をはじいてしまうことがあります。今までもそんな失敗をしたことがあるので、いつも作る前にはパーツを洗剤で洗います。プラモを洗う専用の洗剤も売られていますが、こんなものは食器洗いでも十分ですし、わたしは泡で噴出されるマジックリンをいつも使っています。

お湯を張った容器にパーツを入れて、ひとつずつマジックリンを吹きかけてから、柔らかいブラシ(100均で買いました)で洗います。しばらくつけ込んだら、お湯で洗剤を洗い流し、水を良く切ってから乾燥させます。パーツが乾いたらいよいよ作業開始ですね。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »