« »

3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-24

戦闘室内部パーツの組み立て

戦闘室ができたので、その中に収めるパーツを組み立てます。ほとんどが無線機関係のパーツなのですが、機関銃やその銃弾などもあります。本来なら、塗装まですませて、あわよくば組付けようとも思っていたのですが、思わぬトラブルが発生しました。そのため今回は思ったほど進むことが出来ませんでした。

詳しくはつづきをどうぞ…

戦闘室に直接付けるパーツ

戦闘室に直接付けるパーツ

戦闘室の壁面と同じ色のパーツは先に貼り付けておきます。塗り分ける必要がありませんからね。左の前の隅に少しだけ隙間があったのを見つけたので、溶きパテで埋めました。こんな奥まった場所は後からヤスリ掛けをするのも大変なので、シンナーで弛めに溶いたパテを塗りつけ、表面はシンナーを染ませた筆でならしておきます。奥なので、これで十分です。

説明書に無いパーツ

説明書をいろいろと眺めていたら、説明書にまったく記載の無いパーツがしれっと取り付けられていました。天板を載せるための枠が一部無かったので、変だな〜とは思っていたのですが、ランナーを捜し回ったら見つけました。ここにはE42が付きます。

またそのしたにはアンテナからのケーブルを引き込むための穴があるはずなのですが、モールドされていません。反対側にはちゃんとありました。ここは0.5mmのプラ棒をスライスして、それらしい位置に貼り付けておきました。なんとも困ったキットです。

無線機の組み立て

無線機の組み立て

今回一番組み立て作業らしい工程です。無線機を組み立てます。2連になっているものが車長が使う無線機で、手前の同じ物が2つあるのが装填手が使う無線機です。3号突撃砲は4人乗りなので、選任の通信士はいません。

無線機ラックの組み立て

無線機ラックは無線機に一緒にモールドされているのですが、脚の部分だけはエッチングパーツです。組み立てやすさと精密感を両立させられるので、いいパーツ選択かと思います。脚のエッチングパーツは非常に小さなパーツを折り曲げないといけないので、このような道具を使います。小さな爪で挟んでおいて、スクレーパーの刃先でエッチングパーツを起こして曲げます。これだけ小さいとペンチやエッチングベンダーでは無理ですね。1個持っておいてよかったです。

戦闘室内部の装備品の組み立て

これで戦闘室内部に取り付けるパーツが全部揃いました。エアブラシでざっくりと塗った後は、筆塗りで塗り分けます…と思ったのですが、ここでとんでもない事実を発見してしまいました。

説明書に無い工程

説明書の後の方には、大まかな塗り分けが分かる写真があるのですが、ここを見ていたら、作っていないパーツが付いています。説明書のどこを見ても、このパーツの組み立て工程はありません。写真とランナーを見比べながら、どこにどのパーツがくるのか、確かめました。その結果が上の写真です。ただ1箇所赤丸で囲った所にもダボ穴があるのですが、ここに付くパーツが分かりません。全部完成させてから、余ったパーツの中に、このダボ穴に合うパーツが無いか探すしかないですね。

不足パーツの取り付け

とりあえず、塗装して取り付けました。ウエザリングまですませているところに新品のパーツを付けるので、不自然なことこの上ないのですが、ウエザリングは戦闘室と一緒に行います。なんだかホントにやっかいなキットです。製品として発売する前に、だれか社内で試しに作ったりしないんでしょうかね。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »