« »

3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-21

機関室内部が完成

機関室内部の残りのパーツ、を作ります。残っているのは左側の燃料タンク、ラジエターと配管、エアクリーナー、排気管などです。これらを組み立て、塗装して取り付けました。機関室内部はパンパンです。

詳しくはつづきをどうぞ…

パーツの組み立て

ラジエターと左燃料タンクの組み立て

ラジエターと上側の配管、そして左側の燃料タンクを組み立てます。ここまで収めるともう機関室内はパーツでびっしりです。

エアクリーナーの組み立て

エアクリーナーも組み立てます。親切に左右を間違えないような刻印がされています。パーツには少しヒケがあったのでパテで埋めておきます。

ラジエター、配管、エアクリーナーの塗装

作ったパーツを塗装します。この写真はエアブラシでザックリ塗っただけです。細部は筆塗りで塗り分けます。右上に写っている排気管も筆塗りの予定なので、エアブラシで塗っていません。

車体後部の組み立てと塗装

車体後部の組み立て

排気管を取り付ける前に、その周囲の車体後部を仕上げておきます。まずは組み立ててます。3号戦車系はここに網が貼られています。組み立てができたら、塗装をするために、機関室内部をマスキングテープで隠します。

車体後部の塗装

網より上はプライマーレッド、網より外はダークイエローに影色を混ぜた暗部用の車体色で塗装しました。網に対してハンドピースはできる限り垂直にしていれば、網を超えて反対側に塗料が吹き出すこともなく、ちゃんと塗り分けられました。

マフラーの塗装と排気管の取り付け

マフラーの塗装と排気管の取り付け

マフラーと排気管を筆塗りで塗装します。どちらも焦げ茶色で塗装した上から、錆色のピグメントをエナメル溶剤で溶いて塗りつけます。乾いたら粉になるので、余分を筆でこすって落とします。

ラジエターと配管

ラジエターと配管

ラジエターと冷却水の配管を取り付けます。冷却水の配管に付いているバルブは赤で塗っています。どこかで赤く塗ってるのを見たことがあるような気がしていろいろと資料を探したのですが、結局よくわかりませんでした。まぁ、情報量は多い方がカッコイイのでここは赤でいきます。

燃料タンクやラジエターは取り付ける前にスミイレとウエザリングをすませています。取り付けた後から、機関室内の他のパーツと同じくらいの汚れ具合になるように調整をしています。

エアクリーナー

エアクリーナー

最後にエアクリーナーを塗装して取り付けます。エアクリーナーの色も定かではないのですが、タイガーなんかでは白で塗ったので、それに倣いました。

後部装甲板などの組み立て

後部装甲板などの取り付け

後部装甲板や排気管ガードなどを塗装して取り付けました。頑張って塗り分けたマフラーはほとんど見えなくなってしまいました。エンジンデッキのハッチを開ければ見えるのでしょうが、たぶんプライマーレッドとの区別はほとんど付かないでしょうね。頑張って塗り分けたのにね(~_~;)

エンジンデッキをかぶせてみた

エンジンデッキをかぶせてみた

あまりにびっしり物が詰まっているので、心配になったので、エンジンデッキのパーツをかぶせてみました。案の定エアクリーナーが少し干渉して浮き上がってしまいました。押さえ込めばなんとかはめることは出来そうですが、接着が必須になりました。できたら、付けたり外したりできるとうれしかったのですが、そうはいかないみたいです。

これで機関室内部の制作が終わりました。次回からは車体の上半分をまた前から順番に作っていきます。どんどん戦車ができあがっていくのはうれしいのですが、どんどん中が見えなくなっていくのは寂しい気がしますね。次回は運転席の天板を作ります。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)
  40. 3号突撃砲G後期型 その41 車体下部の汚し(1) (2024年4月12日)
  41. 3号突撃砲G後期型 その42 車体下部の汚し(2) (2024年4月13日)
  42. 3号突撃砲G後期型 その44 車体上部の汚し (2024年4月21日)
  43. 3号突撃砲G後期型 その45 シュルツェンの汚し (2024年4月22日)
  44. 3号突撃砲G後期型 その46 荷物の組み立てと塗装 (2024年4月25日)
  45. 3号突撃砲G後期型 その47 荷物の仕上げ (2024年5月2日)
  46. ドイツ・3号突撃砲G後期型 その48 荷物の積み込み、完成! (2024年5月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »