« »

3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て

Category : AFV ドイツ

Scale : 1/35 Maker : ボーダー Post : 489-2

車輪とサスペンションの組み立て

いよいよ組み立て作業の開始です。戦車プラモの場合たいていとっかかりは車輪からです。なにしろ数が多く面倒な作業なので、モチベーションが一番高いうちにやらないと手が止まっちゃいそうですからね。3号戦車はまだ比較的数が少ないので助かります。

またトーションバーサスペンションも組み立てました。4号戦車のようなリーフスプリングではパーツ数が多くなるのですが、トーションバーサスペンションは構造がかんたんなのでサクッと組み立てられます。では早速作っていきましょう。

続きを読む: 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て

車輪の組み立て

車輪の組み立て

起動輪、誘導輪、転輪、上部転輪を組み立てます。内と外の2枚を貼り合わせるだけでうs。ゲートやパーティングラインの処理は2枚を貼り合わせてからいっぺんに削ります。また、誘導輪にはドラゴンなどと同じ様にエッチングパーツの板を挟んでいます。

上部転輪は3種類から選ぶのですが、箱絵に描かれている車輌は説明書の真ん中のタイプなので、それをチョイスしました。

サスペンションの組み立て

トーションバーサスペンションの組み立て

トーションバーサスペンションも組み立てます。左右で形が違うのと、一番前と一番後の転輪にはダンパーが付くので、形状が異なります。それで全部で4種類のサスペンションを作ります。

シャーシの底板

シャーシの底板

次に進む工程で作るシャーシの底板を見てみたら、結構な変形をしていました。いくらギューギュー詰めの箱に入っていたとは言え、発売からまだ半年も経っていないのにこの有様です。インテリア再現キットというのは装甲板の厚さも実車の1/35で作られていなければいけないのですが、そのためにシャーシの底板のようにあまり厚くない部分はかなり薄く繊細に作られています。そのために簡単に曲がってしまったようです。これは箱組みのさいに苦労しそうです。

シャーシ底板には押し出しピンの痕がどっさり

さらに変形だけでなく、このキットには押し出しピンの痕がけっこうたくさん付いています。この底板だけでも13箇所もあります。いろいろな機器が乗っかってくるので見えなくなるものも多いかもしれませんが、作ってみなければわからない部分も多いので、とりあえずパテで埋めて修正しておくことにしました。

そんなわけで今日の作業はここまでです。次回は説明書の順番とは異なるのですが、まずは変形した底板をなんとかするために、シャーシの箱組みを行いたいと思います。

(全作品完成まで あと116)

関連するコンテンツ

作品No.489の記事一覧

  1. ドイツ・3号突撃砲G後期型 1/35 ボーダー Op.489 制作開始 (2023年4月8日)
  2. 3号突撃砲G後期型 その2 車輪とサスペンションの組み立て (2023年4月9日)
  3. 3号突撃砲G後期型 その3 シャーシの箱組み (2023年4月10日)
  4. 3号突撃砲G後期型 その4 シャーシ細部の組み立て (2023年4月11日)
  5. 3号突撃砲G後期型 その5 シャーシ内部をざっくり塗り分け (2023年4月13日)
  6. 3号突撃砲G後期型 その6 シャーシ内部の塗装 (2023年4月16日)
  7. 3号突撃砲G後期型 その7 変速機の組み立て (2023年4月18日)
  8. 3号突撃砲G後期型 その8 エンジンの組み立て (2023年4月19日)
  9. 3号突撃砲G後期型 その9 エンジンと変速機の塗装 (2023年4月20日)
  10. 3号突撃砲G後期型 その10 運転席周りの制作 (2023年4月22日)
  11. 3号突撃砲G後期型 その11 戦闘室の床 (2023年4月23日)
  12. 3号突撃砲G後期型 その12 運転手フィギュアの組み立て (2023年4月24日)
  13. 3号突撃砲G後期型 その13 運転手フィギュアの塗装 (2023年4月26日)
  14. 3号突撃砲G後期型 その14 戦闘室装備品の組み立て (2023年4月29日)
  15. 3号突撃砲G後期型 その15 戦闘室のウエザリングと運転手フィギュアの追加工作 (2023年4月30日)
  16. 3号突撃砲G後期型 その16 戦闘室装備品の塗装と取り付け (2023年5月2日)
  17. 3号突撃砲G後期型 その17 燃料タンク、冷却水パイプなどの組み立て (2023年5月6日)
  18. 3号突撃砲G後期型 その18 燃料タンクと冷却水パイプの塗装と組付け (2023年5月7日)
  19. 3号突撃砲G後期型 その19 冷却ファンの制作 (2023年5月8日)
  20. 3号突撃砲G後期型 その20 エンジンの搭載 (2023年5月9日)
  21. 3号突撃砲G後期型 その21 機関室内部が完成 (2023年5月11日)
  22. 3号突撃砲G後期型 その22 運転席天板内側 (2023年5月12日)
  23. 3号突撃砲G後期型 その23 戦闘室の箱組み (2023年5月14日)
  24. 3号突撃砲G後期型 その24 戦闘室内部パーツの組み立て (2023年5月16日)
  25. 3号突撃砲G後期型 その25 戦闘室内パーツの塗装と取り付け (2023年5月17日)
  26. 3号突撃砲G後期型 その26 主砲の組み立て (2023年5月21日)
  27. 3号突撃砲G後期型 その27 主砲の塗装 (2023年5月23日)
  28. 3号突撃砲G後期型 その28 フェンダーとエンジンデッキの取り付け (2023年5月25日)
  29. 3号突撃砲G後期型 その29 戦闘室の取り付け (2023年5月27日)
  30. 3号突撃砲G後期型 その30 フィギュアの組み立て (2023年5月28日)
  31. 3号突撃砲G後期型 その31 戦闘室の天板・ハッチ裏の制作 (2023年5月29日)
  32. 3号突撃砲G後期型 その32 車体細部の組み立て (2023年5月31日)
  33. 3号突撃砲G後期型 その33 シュルツェンと荷物台の組み立て (2023年6月1日)
  34. 3号突撃砲G後期型 その34 塗装 (2023年6月4日)
  35. 3号突撃砲G後期型 その35 デカール貼りと車輪の迷彩 (2023年6月5日)
  36. 3号突撃砲G後期型 その36 OVMなどの塗り分け (2023年6月7日)
  37. 3号突撃砲G後期型 その38 フィギュアの塗装 (2023年6月20日)
  38. 3号突撃砲G後期型 その39 スミ入れ (2023年7月3日)
  39. 3号突撃砲G後期型 その40 シュルツェンとOVMの仕上げ (2023年7月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

« »